電磁式欠陥試験


回転電気機械の固定子鉄心は薄い積層鋼の断片でできており、損失を最小限に抑えるためにワニスの層によって互いに絶縁されています。ラミネート短絡が発生すると、ループ電流によって局所的なホット スポットが発生し、最悪の場合、部分的なメルトダウンと機械の高額な損傷につながる可能性があります。

固定子鉄心の絶縁の健全性を確認する

電磁式欠陥試験 (浮遊磁束測定、ELCID とも呼ばれる) は、運転中にモーターの固定子鉄心や発電機へ最終的に過熱や損傷を引き起こす可能性のある固定子鉄心の層間欠陥を検出するために実行されます。

固定子鉄心の測定は、工場での受け入れ試験および試運転中、および機械が稼働した後も、機械の固定子鉄心層間の絶縁の健全性を評価するために定期的に実行する必要があります。試験結果は、固定子の状態を確認するために以前の試験結果と比較されます。

確実な欠陥検出

固定子鉄心の磁気回路に不完全な状態を引き起こすため、振幅の漂遊磁束の増加や位相の変化によって欠陥は簡単に検出できます。また、異なる固定子鉄心領域の測定結果を比較することでも、欠陥を検出できます。

試験は、大規模なメンテナンスの運転停止中にオフラインで実行されます。回転子は、固定子にアクセスするために試験に引き出されます。当社の完全な固定子鉄心測定ソリューションを使用すると、固定子鉄心は公称磁束のわずかなパーセンテージで励磁され、表面の浮遊磁束が固定子に沿って測定されます。

ご不明な点がございましたら、enquiry.as@omicronenergy.com まで電子メールでお問い合わせください。

詳しくはビデオをご覧ください:

Content cannot be displayed as the plugin requires cookies to be executed.

詳細がご必要ですか?見積書がご必要ですか?デモを要求されますか?

 

お問い合わせください

You are using an outdated browser version.
Please upgrade your browser or use another browser to view this page correctly.
×